野菜のおかゆ

猫用の野菜スープが作りにくい状態が続いたので、ちょっと工夫してみました。



うちの猫の手作りごはんは、大きく分けると、肉類・野菜・穀類・豆の4種です。肉は、冷凍してある鶏もも肉やレバーのミンチなどを、毎日その都度加熱しています。豆は、たいてい小豆を茹でただけで味付けのないものがあるので、それを使います。
 穀類は、うちで日常食べている五穀入り玄米ご飯をおかゆにしていますが、これにひと手間加えて、青菜入りおかゆにしてみました。何の事はない、ご飯に水を加えておかゆに煮なおす完成間際に、洗って小口に切った小松菜やチンゲン菜などの青菜を混ぜて火を通すだけ、簡単です。
 この状態で密閉容器に入れて冷蔵庫で保存、小豆も冷蔵保存なので冷え冷えです。どちらも数日持ちますし、毎日味とにおいで鮮度の確認は怠りません。
 ここに、カルシウムのサプリメントとビール酵母を加え、加熱した肉類を混ぜると大体いい感じに冷めてくれます。肉がちゃんと冷めているか確認したら、最後にグレープシードオイルをちりっと垂らして出来上がり。最近はこのパターンが殆どです。
[PR]
Commented by poponta at 2005-10-16 12:07 x
あらら、発見しちゃいました…って、今までここに気がつきま
せんでした。

うちの猫、離乳期以来缶詰をたべなくなっちゃって、実家の猫
がドライと缶詰と両方を食べるのを見て、ちょっと不安に思い
始めたところです。とにかくカリカリ一辺倒。

私たちが、お刺身を食べていようと焼き魚を食べていようとま
ったく関心を示さないのはいいことだと思っていましたが、
栄養の偏りが気になります。ぼうずくんみたいにシャープじゃ
ないし…手作りは大変そうだけど、一考の余地ありです。

Commented by cue at 2005-10-17 03:31 x
えへへ、見つかっちゃいました。
猫のごはんは、やっすいカリカリだけ食べていても元気で長生きする子もいれば、うんと凝って手をかけても何を食べても具合悪くなる子もいるしで、人間と同じみたいです。
キャットフードの全てが悪いとか、獣医さんの指導が全て間違っているとかは、全然思っていませんですよ。
私が手作りごはんを始めたきっかけも、とにかくいやしんぼのぼうずにたくさんの量のごはんを食べさせてあげたかったからなんです。
市販のフードでよくない原料を使ったものがあるのは知っていましたが、そうでないものも結構あって十分選ぶことも出来るので、それだけが手作りの理由ではないです。
少しでも興味を持たれたのでしたら、検討してみるいい機会かもしれないですね。選択肢は色々ありますから。このブログの右にあるリンクの「おひさまの匂い」は、花さんのサイトで、それ自体も読み応え十分ですが、猫の手作りごはんなどに関するリンクが充実しています。よろしかったら覗いてみてくださいね。

by recipeback | 2005-10-13 06:00 | メシニッキ | Comments(2)